41冊目 41歳の通訳者が15年ぶりに本気で取り組んだ英語学習法  君は心躍る英語に触れているか!(川合 亮平)

Q;勉強の仕方が分からない。(たとえば英語)
A;動機と目的を明確にする6つの質問を自分にしてみよう

勉強の仕方が分からない。(たとえば英語)。この本はそんな悩みをもつ人におすすめの一冊です。

 

この本は英語の勉強を中心に勉強の心構えと方法を教えてくれます。 41歳の通訳者の体験談とそれにより編み出した英語学習法。英語に限らず他の勉強、仕事にも使えます。

 

本書の1ポイントは

 

動機と目的を明確にする自分への6つの質問

 

です。

 

概要

41冊目 41歳の通訳者が15年ぶりに本気で取り組んだ英語学習法  君は心躍る英語に触れているか!(川合 亮平)

1ポイント 動機と目的を明確にする自分への6つの質問

 

■3ポイント(+おまけ)

 

1. 勉強が成功する人の共通点

 

2. 勉強が成功する人の4つの条件

 

3. 勉強を成功に導く6つのクエッション

 

おまけ. 英語表現を1年で3000個をマスターする2つのポイント

 

■著者

 

川合 亮平

 

■更新日

 

2020.04.27

3ポイント

1. 勉強が成功する人の共通点

勉強が成功する人と成功しない人その違いは「明確な動機」があるかどうか。

 

何のために勉強しているのか明確な動機さえあれば、自然とその事柄について優先順位が高まり、行動、継続につながります。

 

2. 勉強が成功する人の4つの条件

目的意識を持たず惰性で行っていては成功できません。

 

成功するためには次の4つを意識しましょう。

 

明確な目的
その事柄に100%集中する
十分な情報に基づいた振り返り
振り返ってわかった問題点の改善

 

3. 勉強を成功に導く6つの質問

自分の動機と目的を明確化するために、定期的に自分に次の質問をしてみましょう。(例;英語の勉強)

 

なぜ

なぜその事柄をしようと思っていますか?(例;社内の外人さんから笑いを取るため)

どのような

どのような結果が必要ですが?(例;日常会話レベルの英語)

いつまでに

いつまでにそれを達成しますか?(例;今年中)

なにを

そのために何をしますか?(例;英語教材を朝15分勉強し、何かしながら30分以上聞き流す)

いつ

いつしますか?(例;毎朝4時から15分。一日の隙間時間で30分以上)

どこで

どこでしますか?(例;自分の部屋と電車の中)

 

おまけ. 英語表現を1年で3000個をマスターする2つのポイント

どのように

ひたすら忘却曲線にそって繰り返し表現を刷り込む。
忘却曲線にそってリマインドしてくれるreminDOというアプリがおすすめ。

何を

1日10個の表現を刷り込む。
信頼性が高いソースを選び、自分が興味を持った表現を選ぶ。
Cambridge Dictionary(https:// dictionary. cambridge. org/)がおすすめ。

 

アクションプラン

この本から学び今後に生かそうと思う私のアクションプランですが、

 

週1回、自分に成功に導く6つの質問をする

 

です。

 

常に動機と目的を忘れないようにしましょう。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る