1-10冊目

1-10冊目記事一覧

リンク概要2冊目は「「1日30分」を続けなさい-人生勝利の勉強法55-」です。私ももう30過ぎ。”このままじゃだめだな~、英語とか勉強して身に付けないと”と思いつつ、結局何もやらない日々。。。そんな習慣を変えたく、手に取った一冊です。感想ですが、タイトルの通り、”「1日30分」勉強して将来を成長させよう”とご紹介してくれる本です。著者の方は30分以上いろいろしっかりされて、今の立場にいる感じはしま...

概要3冊目は「深く考えるための最強のノート術-成功する人が実は使っている思考法-」です。僕はあまりノートを取りません。以外と記憶力はいいほうですし、覚えておかないといけない情報は最近はパソコンにメモることがほとんどです。ですが周りを見ると自分の会社の社長とか取締役とか部長とかよくノート(手帳に)メモしている姿をよく見かけます。だいぶ年上ですので、年代のせいかなとも思っていましたが、ノートにメモって...

リンク概要4冊目は「「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」です。毎日仕事をしてると、「なんか、今日やるきでたないなぁー。」とか「あー、やっちまったー。どうしよー。」とか頭のやる気スイッチが入らなかったり、不安で頭がいっぱいになり、仕事が思うように進まないことはありませんか?僕もそんなことが何度もあり、そんな場面に直面する度に仕事が止まり、後から「なにしてんだろー、自分」と落ち込むことが多々...

概要5冊目は「難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!」です。自分のスキルを増やさなきゃと思ったとき、パッと思い浮かんだのが、英語でした。といいながら、何年も前から思ってはいてもなかなか、実行できていない現実。今度こそはと手に取った1冊です。感想ですが、本当にこれから英会話を始める人のための1冊だと思いました。「まずは英語を話す」そこに重点を置かれた本でした。水泳で例えるなら...

概要6冊目は「孫社長の無茶ぶりをすべて解決してきたすごいPDCA」です。何をやっても、仕事が遅い。そして、思うような成果が出ない。そんな悩みの中、手にとった本です。感想ですが、PDCAと聞いてよくある本をイメージしますが、それにプラスアルファのことを追加し高速PDCAとして書かれていました。また、実績を数々残したソフトバンクの元社長室長の著書ということもあり、内容に信頼もおけました。3ポイント3ポ...

概要7冊目は「0秒リーダーシップ」です。自分も何人か部下を持つ世代。ですが、全然、頼りなくて。。。と思い手にとった一冊です。感想ですが、まず、「これからの時代、一人一人がリーダーとして働かないといけない」ことを教えられました。そうなるために、リーダーとして何が必要か書かれている本です。3ポイント3ポイントは以下の通りです。みんながリーダーリーダーの3つの基本リーダーの9つの考えそれは一つ一つ確認し...

リンク概要8冊目は「 時間革命」です。あの堀江貴文さんの本です。感想ですが、こういった考え方は大事だなと思いました。人生一度きり、ほんとに楽しむならこういった考え方が大事なのでしょう。表現はとげとげしいですが、理にかなっていて納得いくものばかりでした。41項目ありましたが、厳選して3つをご紹介いたします。3ポイント3ポイントは以下の通りです。多忙と多動行動量は情報量に比例する。努力するなハマれ。そ...

リンク概要9冊目は「 ずるい考え方-0から始めるラテラルシンキング」です。ラテラルシンキングってなに?と思い手にとった本です。ラテラルシンキングとは「どんな前提条件にも支配されない自由で、発想の枠を広げる思考法」だそうです。たとえば、ロジカルシンキングと比較的すると以下のようになります。ロジカルシンキングラテラルシンキング1つの考えを深く掘り下げる思考法。物事を分類、整理し、筋道をたてて具体化する...

リンク概要10冊目は「 メンタルが強い人がやめた13の習慣」です。「僕はとにかくメンタルが弱い。」そう思い手に取った1冊です。感想ですが、とにかくわかりやすい内容でした。メンタルが強い人が何を”していない”かに焦点を当てて、書かれています。「する」ことではなく「やめる」ことを書いていますので、すぐに実践できるものばかりでした。3ポイント(13ポイント)さて、3ポイントです。目次がわかりやすい本でし...

このページの先頭へ戻る