38冊目 頭がさえる!毎日が充実する!すごい早起き(塚本 亮 )

Q;早起きっていいことありそう...。でもやり方がわからない。
A;早起きで人生の好循環。その効果と方法を教えます。

『早起きっていいことありそう...。でもやり方がわからない。』。この本はそんな人におすすめの一冊です。

 

この本は”高1の頃偏差値30だったが、早起きで人生が変わり、早起きの結果、同志社大学に入学、さらにはケンブリッジ大学大学院に入学した”著者が早起きの極意を教えてくれます。
早起きは良いことだらけ。ぜひ実践をおすすめします。

 

本書の1ポイントは

 

ポジティブな早起きで、ポジティブな人生の好循環

 

です。

 

概要

38冊目 頭がさえる!毎日が充実する!すごい早起き(塚本 亮 )

 

■概要

 

ポジティブな早起きで、ポジティブな人生の好循環

 

■3ポイント

 

1. 早起きの効果

 

2. 早起きのコツ

 

3. 早起きの活用法

 

■著者

 

塚本 亮

 

■更新日

 

2020.04.22

3ポイント

1. 早起きの効果

朝起きてからの2~3時間は生産性が最も上がるゴールデンタイムです。頭がさえ、自分の能力をフルに活用できます。

 

そのため、やりたいことがサクサク進み、気持ちがポジティブになります。

 

このポジティブ感は一日中効果があり、人生ポジティブな好循環の生活が楽しめます。

 

2. 早起きのコツ

早起きのコツは「動機」「睡眠」「リズム」です。

 

動機

早起きの動機をポジティブな動機にしましょう。

 

たとえば早起きして、読書がしたいとか、ドラマを見たいとか…。

 

ポジティブな動機があなたを早起きに導きます。

 

睡眠

質の良い睡眠をしましょう。

 

たとえば、寝る前にストレッチしたりしましょう。

 

逆に寝る前の食事、飲酒、入浴は控えましょう。

 

リズム

いつも一定の時間に起きましょう。土日関係なくです。リズムが付けば楽に早起きができます。

 

3. 早起きの活用法

朝は集中力が求められるタスクをこなしましょう。

 

たとえば、語学学習や読書が最適です。朝はインプットしやすく、効果的です。

 

朝の勝ちパターンを決め、ポジティブな朝のスタートが切れれば、ポジティブな人生の好循環が楽しめます。

 

 

アクションプラン

この本から学び今後に生かそうと思う私のアクションプランですが、

 

早起き

 

です。

 

もう初めて3か月ほどになりますが、自分の時間が持てて楽しいです。

 

慣れれば楽なものですね。皆さんも一度試してみては?

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る