【3ポイントで要約】1冊3分で読めて、99%忘れない読書術 瞬読(山中恵美子)~右脳を使ってイメージでインプット!!速く読めて、99%忘れない速読の方法~

 

 

速読.....できれば便利なんだろうけど、速読ってどうやるの?速読のトレーニング法は?

 

もっと速く本を読みたい!!


こんな悩みを持つ方も多いはず!!そんな悩みを解決する、第5弾!!

 

瞬読 1冊3分で読めて99%忘れない読書術!!(山中恵美子)

 

を単純明快な3ポイントでご紹介します。

 

これまでの速読に満足していますか?さらに読みたくありませんか?
さらに速く読みたい人のための速読 『『瞬読』 を紹介しています。

 

これで1冊3分も夢じゃない!!

 

今日のポイントは

 

右脳を使ってイメージインプット!!
1冊3分99%忘れない速読の方法

 

です!!

 

 


右脳を使ってイメージでインプット!!99%忘れない速読の方法

3ポイント

文字を右脳でイメージとしてインプット

 

結局のところ、瞬読って何?


 

今まで読んだ漫画を思い出してみてください..........。思い出せましたか?
さて、その思いでは絵ではありませんか?

 

実は人は文字を覚えるのも、思い出すのも苦手。一方で絵としてインプットしたイメージは覚えやすく、思い出しやすいのです。

 

でも、どうやってイメージで覚えれば??

 

その問題を解決するのが、右脳です!!

 

右脳には情報を「イメージ」へと変換する強力な機能がそなわっています。

 

その機能を使えば、記憶することも、思い出すことも簡単にできるのです!!

 

この右脳を使った速読こそ瞬読の特徴です!!

 

文字は「読む」のではなく「見る」

 

文字は「読む」のではなく「見る」。これが右脳をつかった”読み方”!!


 

右脳を使ったインプットの他に、もう一つの大事なことがあります。

 

それは文字は「読む」のではなく「見る」こと。

 

本を瞬読するときは、文字を「読もう」としたり、「理解しよう」としたりしないで。

 

ただ「見る」。それが瞬読の秘訣!!

 

いざ!!瞬読

さー、いよいよ、トレーニングと実践だ!!

 

いよいよ瞬読のトレーニング。ただ「見る」ことを忘れずに!!


<瞬読マスターへのステップ>
ステップ1 変換力を鍛えるトレーニング
ステップ2 イメージ力を鍛えるトレーニング
ステップ3 本を右脳読み
ステップ4 本のアウトプット

ステップ1 変換力を鍛える

バラバラに並んだ文字を知っている言葉に変換していきます。
1つの文を1秒で変換するのが目安。

 

本書にトレーニングページもあるけれど、次の動画も練習におすすめ。

 

変換力を鍛えるトレーニング

 

ステップ2 イメージ力を鍛える

 

文字をイメージとして読み取るトレーニング

 

文字を見ながらその様子をイメージしましょう!!

 

1つの文を1秒でイメージしてみて!!

 

ステップ3 本を右脳読み

ステップ1、2を終えたら実際に瞬読をやってみよう!!
文字を「読む」のではなく「見る」ことを忘れずに。
そして、できるだけ多くの文字をいっぺんに見るようにしょう!!

 

ステップ4 本のアウトプット

最後に本の内容をアウトプット!!
インプットした情報法を話したり、紙に書き出してみたりしましょう!!

 

アウトプットすることで本の内容がより記憶に残るんです!!

まとめ

69冊目 1冊3分で読めて、99%忘れない読書術 瞬読

 

 

■3ポイント

 

1. 文字を右脳でイメージとしてインプット

 

2. 文字は「読む」のではなく「見る」

 

3. いざ!!瞬読

 

■著者

 

山中恵美子

 

■更新日

 

2021.05.20

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る