【3ポイントで要約】仕事が速い人は、「これ」しかやらない ラクして速く成果を出す「7つの原則」~仕事の速い人が仕事を見極め、最速で行う7つのポイント~

もっと仕事を早く終わらせたい!!そんな人におすすめの一冊です。

 

仕事が「速い人」と「遅い人」の違いはなんでしょう?スキル?頭の回転?人脈?知識?んーーーー、残念。どれも正解ですが、決定的ではありません。

 

答えは

 

仕事の力のいれどころを見極め最速で片づけている。

 

です。もう少し細かく言うと、仕事が速い人は

 

1. 自分の注力すべき仕事を見極める
2. 自分が注力すべき仕事を最速で片づける
3. 自分が注力すべきでない仕事は他の人にお願いする

 

の3つを行っているのです。

 

今回はその3つを行うための大事な7つのポイントをご紹介します。

 

というわけで、今回のポイントは

 

仕事の速い人が仕事を見極め、最速で行う7つのポイント

 

です。

 

 


仕事の速い人が仕事を見極め、最速で行う7つのポイント

3ポイント(今日は7ポイント)

3ポイント

 

期限を決める
5秒で動く
動きながら考える
細分化する
人に任せる
時給で考える
やらないことを決める

 

 

期限を決める

30分後の会議の資料ができてない!!

 

そんな期限の迫った状況になると、猛烈な行動力を発揮していませんでしたか?

 

とにかく期限を決めれば、それまでに終わらせる行動力が生まれます!

 

5秒で動く

人は5秒以上たつとやらなくていい理由を探し始めてしまいます。そうなる前に1,2,3,スタートと心の中で叫び、スタートしましょう!

 

とりあえず、スタート。そうすれば嫌なことでもやり続けられますよ。

 

動きながら考える

準備は大切です。でも準備ばかりでは本当の問題は見えてきません。本当の問題は動いて初めて見えてくるんです。

 

動いて、問題に直面し、考え、試し、解決する。

 

動いた先に答えがあるんです。

 

細分化する

あー、この仕事やっかいだなー。そんな仕事は細分化しましょう。

 

大きな仕事を細かく分割し、やり易くすれば、やる気もわいてきますよ!

 

人に任せる

自分の時間は24時間以上増えませんが、他の人の時間を足せば増やすことができます。

 

人に任せられることは任せましょう。

 

ただし、押し付けるのではなく、お任せ(お願い)しましょうね。

時給で考える

その仕事、費用対効果を考えたことはありますか?仕事の損得をちゃんと考えておかないと、あなたの仕事の価値を落としているかも。。。

 

費用対効果は時給で考えると分かりやすいですよ。

 

たとえば、年収500万の人が1日8時間、250日出社した場合、時給2,500円です。ある仕事に10時間かけた場合、25,000円。その仕事は自分でやる方がお得ですか?それとも外部の人に任せた方がお得ですか?もしかして、やらない方がいいかも?

 

あなたのその仕事、何円ですか?

やらないことを決める

対比用効果を最も上げる方法。それは「やらない」ことです。やらないことが究極のスピード仕事術なのです!!

 

でも、どうやってやらないこと(やらなくていいこと)を見つけ出すの?効果的な3つの方法があります。

 

1. 転職者に聴く。
2. 新入社員に聴く。
3. 外部の人に聴く。

 

外からの情報を取り入れれば、内だけでは気づかない無駄を発見できますよ!

アクションプラン

この本から学び今後に生かそうと思う私のアクションプランですが、

 

仕事を見極める

 

です。

 

この仕事はどれだけ大事な仕事?仕事を受けたら一旦考えてみます!

 

その他にも

 

タスク処理、コミニュケーション、チーム、クリエイティブな仕事、自分の時間

 

の7つのポイントもか書かれていました。どれも、ためになる7ポイントでした!!密度が高く、紹介できずにごめんなさい。。。。

まとめ

 

62冊目 仕事が速い人は、「これ」しかやらない ラクして速く成果を出す「7つの原則」 (石川 和男 )

 

 

 

■3ポイント

 

1. 期限を決める

 

2. 5秒で動く

 

3. 動きながら考える

 

4. 細分化する

 

5. 人に任せる

 

6. 時給で考える

 

7. やらないことを決める

 

■著者

 

石川 和男

 

■更新日

 

2020.06.29

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る